≪虹の里の発祥≫
県内でも数少ない3ユニット型のグループホームを運営。同敷地内には通所介護サービスも展開しています(別敷地には居宅介護支援事業所あり)。 職員は個性的でありながらも介護に対する情熱は人一倍強く、お客様の生活の質の向上に対する取り組みにも社員全体で研鑽しています。
施設では年間行事等を通じて、地域活動にも積極的に参加する一方で、ボランティア団体の受け入れも幅広く行っており、外部施設との交流にも力を入れ新しい取り組みにも努めています。
また、通所介護サービスでは独自の試みとして「音読療法」を取り入れたアンチエイジングにも力を入れており、お客様の中には認知症の予防に又は進行の後退に期待をよせる声もうかがわれています。
居宅介護支援事業所では、専任の介護支援専門員による介護相談から、ケアプランの作成他、行政手続の代行等も行っており、お客様に応じた介護サービスのご提案を懇切丁寧に行っています。
会社の運営理念には「ひとりひとりの想いと共に生きる」を掲げ、高齢化社会への社会的責任を全うすべく、また、社会資源としての受け皿を担う役割を果たすためにも、社員一丸となって福祉・介護活動を行っています。