記事一覧

ジン【2021 新作】服装を選ばないレディースモデル「434シリーズ」

ジンの数少ないレディースモデル「434」シリーズに、3本の新しいバリエーションが加わった。親しみやすいシンプルなデザインで、クォーツムーブメントからの電磁波を遮蔽する[Q]テクノロジーを搭載している。



ジン「434.TW68.WG.B」
クォーツ(Cal.ETA E64.101)。8石。SS×18KWG×D(直径34mm、厚さ8mm)。100m防水。91万3000円(税込み)。2021年5月発売予定。


3種類のベゼルをラインナップ
 ジンは、レディースウォッチとして展開する「434」シリーズに、ベゼルの仕様が異なる3種類のモデルを加えた。スーパーコピーケースと同様のステンレスのもの、18KYGを用いたもの、そして18KWGにトップウェッセルトンンクラスのダイヤモンドを68石セッティングしたものだ。

 これまでダイアルがブラックとマザー・オブ・パールのみだったシリーズに、サンレイ仕上げのブルーダイアルを追加。細いバーインデックスと針で、正統派な3針時計に仕上げた。



上品な装いにもジン・テクノロジー
 本作をごく一般的なレディースウォッチと思うなかれ。プロフェッショナルに信頼される計器を製造してきたジンは、このシンプルな3針時計に対しても技術面の妥協は一切ない。ロレックス スーパーコピー温度の影響を受けにくく安定した精度を保証するクォーツムーブメントを搭載し、ケースは100mの防水性能を持っている。

 ダイアル6時位置のQの文字は、ジン独自の[Q]テクノロジーを搭載していることを示す。この技術は、搭載するクォーツムーブメントのステッピングモーターが放出する電磁波を最小限に抑えることで、人体への影響を防ぐというもの。ブルガリ 時計 メンズ発生する周波数と同調する吸収特性を持った特殊合金で、ムーブメント全体を覆っているのだ。

初めての本格機械式腕時計 おすすめしたいモデルを紹介 その1

セイコー プレザージュ

1本目は、セイコー、プレザージュシリーズ。

お値段の方は、130,000円+税。

国産ブランドとして不動の人気を誇るセイコーから、比較的リーズナブルな価格帯で本格的な機械式オーデマピゲ グリントをラインナップしているセイコープレザージュシリーズ。

シンプルなモデルも多く、ビジネスシーンにもばっちり合うのではないでしょうか。

品があり、国産ブランドということで、目上の方やビジネスパートナーからも嫌味がなく好感を持たれること間違いなしでしょう。

オリエント

2本目は、オリエント。

お値段の方は、58,000円+税。

70周年を記念して、今回限定生産されるこちらのモデルは、総生産数2300本のうち、国内割り当て分は1,000本となっております。

2005年誕生のモデルの復刻版ということで、ファンの方にはたまらないのではないでしょうか。

価格もリーズナブルで、入門機としてはぴったりですね。

ティソ ジェントルマン パワーマティック80

3本目は、ティソ ジェントルマン。

お値段の方は、104,500円。

腕時計と言えばスイスということで、海外ブランドにも目を向けてみると、おすすめの初めての本格機械式腕時計と言えば、こちらのモデルが一押しでございます。

日本での知名度はまだあまり高くはないですが、スポーツイベントなどでの公式時計を担当することも多いティソ。

何といっても80時間のロングパワーリザーブモデルにして、この価格というのには驚かされます。

80時間と言えば、3日間ほど置きっぱなしにしても止まらないということですから、意外と便利な機能だと思います。

机の上に置いておいたら、出かける前に止まってた、なんてことが往々にしてあるのが機械式腕時計ですから。


ラドー ゴールデンホース

4本目は、ラドー ゴールデンホース。

お値段の方は、209,000円。

ここ最近、日本でのマーケティングに力を入れていると思われるラドー。

歴史あるブランドで往年のファンも多く、数々の名品があることから復刻モデルも充実しております。

こちらのゴールデンホースも、1957年のモデルを忠実に復刻したとのことで、クラシカルな雰囲気がいい味を出しております。

37mmのケースサイズもグッドですね。

ユンハンス マックスビル

5本目は、ユンハンス、マックスビル。

お値段の方は、152,000円+税。

ユンハンスのマックスビルシリーズと言えば、オシャレにアンテナの立っている人であれば、服屋さんなんかでも、取り扱っているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

バランスのとれたデザインは隙がなく、ある意味、腕時計のデザインを極めた1本といっても過言ではないかもしれません。

まさに初めての本格機械式腕時計としてはぴったりですね。

同じようなデザインの手巻きモデルや自動巻きモデル、クロノグラフもラインナップされているということで、お気に入りのモデルを見つけられると思いますよ。

世界に誇るGショック「フロッグマン」が示す、ダイバーズウォッチの新境地

ダイバーズウォッチは、その名の通りダイビングを目的に生まれた。だが今や多くのダイバーが潜水中に使っているのはダイブコンピュータであり、時計はそのバックアップにすぎない。

しかしそれに異を唱えるダイバーズもある。日本が世界に誇るカシオのGショック「フロッグマン」だ。

現行の「GWF-1000-1JF」SS/樹脂ケース、タフソーラー、58.3×52.8mm径。6万8000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
誕生から四半世紀以上を経て、さらにタフに、機能も先鋭化し進化を遂げている。そんなユニークダイバーズの限界知らずな魅力に潜行してみよう。

フロッグマンとは何か?
圧倒的なタフネスを誇るGショックの中でも、特に防錆や防塵、防泥など特殊用途に特化したラインに「マスターオブG」がある。

陸海空それぞれのカテゴリーごとにペットネームを持ち、その語尾からマン・シリーズと呼ばれている。シリーズ第一弾として1993年に誕生したのが「フロッグマン」だ。



初代モデル「DW-6300」(1993年発売)。初代には今やお馴染みの「FROGMAN」の文字がない。
フロッグマンとは軍事活動を行う水中工作員を意味し、Gショック初のISO規格に準拠した200m防水性能に、潜水艦のハッチをイメージした大径ケースを採用。さらに手首の動きを妨げることのないよう、ケースをやや左にずらした左右非対称のデザインになっている。

この独自のスタイルは、裏蓋に刻まれた「潜水ガエル」とともに、現行モデルにも受け継がれるフロッグマンのアイコンになっている。本格的な防水性に加え、潜水時間や潜水開始時刻を表示、記憶する独自の機能を装備し、ほかのダイバーズウォッチとの差別化を図った。

そしてここから「フロッグマン」の快進撃は始まったのだ。


普段使いに最適なIWCのミリタリーウォッチ

IWC、マーク11の民生用モデルは、青木さんの生まれ年にあたる1976年頃に製造されたものだ。

「生まれ年の時計を所有することにまったく興味がなかったのですが、お客さんの時計を探したり、相談に乗っていくうちに少しずつ意識が変わりました」。



ブロードアローが入らない文字盤はすっきりとした印象。
青木さんはケアーズに入社して以来、購入までのプロセスであったり、その時計が持つヒストリーを大切にしながら収集を続けている。

「公私ともに付き合う、信頼のおけるイタリア人バイヤーから紹介してもらったこともあって、この時計はかなり思い入れがあります。

一説によると、クオーツショックで壊滅的な打撃を受けた1970年代はIWCも経営が苦しく、ミリタリーウォッチ専用に作っていたはずのマーク11でさえも市販せざるを得ないほど追い込まれていたのだと聞いたことがあります」。

所有する時計のなかでもマーク11の着用頻度はダントツらしい。

「飽きのこないデザインに加え、防水機能を備えた堅牢な設計だからとても使いやすいです」。



服装を選ばずに着用できることもマーク11の大きな魅力。
「僕は洋服も大好きだから、若い頃は時計を着けるときの服装に対してこと細かなルールを設けていましたが、今はあまり気にしなくなりました。

自分が好きだと思える時計を楽しめるかどうか。着こなしよりもそこがいちばん大事だと最近はそう思っています」。

40年以上前に作られた時計が今も現役で活躍する。マーク11が長年定番として親しまれている理由はそこにある。


【関連記事】​​​​​​​: 2021世界最新ファッション人気腕時計ニュース