記事一覧

世界に誇るGショック「フロッグマン」が示す、ダイバーズウォッチの新境地

ダイバーズウォッチは、その名の通りダイビングを目的に生まれた。だが今や多くのダイバーが潜水中に使っているのはダイブコンピュータであり、時計はそのバックアップにすぎない。

しかしそれに異を唱えるダイバーズもある。日本が世界に誇るカシオのGショック「フロッグマン」だ。

現行の「GWF-1000-1JF」SS/樹脂ケース、タフソーラー、58.3×52.8mm径。6万8000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
誕生から四半世紀以上を経て、さらにタフに、機能も先鋭化し進化を遂げている。そんなユニークダイバーズの限界知らずな魅力に潜行してみよう。

フロッグマンとは何か?
圧倒的なタフネスを誇るGショックの中でも、特に防錆や防塵、防泥など特殊用途に特化したラインに「マスターオブG」がある。

陸海空それぞれのカテゴリーごとにペットネームを持ち、その語尾からマン・シリーズと呼ばれている。シリーズ第一弾として1993年に誕生したのが「フロッグマン」だ。



初代モデル「DW-6300」(1993年発売)。初代には今やお馴染みの「FROGMAN」の文字がない。
フロッグマンとは軍事活動を行う水中工作員を意味し、Gショック初のISO規格に準拠した200m防水性能に、潜水艦のハッチをイメージした大径ケースを採用。さらに手首の動きを妨げることのないよう、ケースをやや左にずらした左右非対称のデザインになっている。

この独自のスタイルは、裏蓋に刻まれた「潜水ガエル」とともに、現行モデルにも受け継がれるフロッグマンのアイコンになっている。本格的な防水性に加え、潜水時間や潜水開始時刻を表示、記憶する独自の機能を装備し、ほかのダイバーズウォッチとの差別化を図った。

そしてここから「フロッグマン」の快進撃は始まったのだ。


コメント一覧

時計業界の新作発表 Eメール URL 2021年07月16日(金)16時24分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです。腕時計に関するライフスタイル提案から、今さら聞けない知識など、腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー