記事一覧

理想の男に捧げる「オーデマ ピゲ」の話題作、その魅力に死角なし

鏡を通して向き合う自分の姿は、本当のようでいて、実はそうではない。本来の姿は、通常ではあまり見ることのない横顔や後ろ姿にも表れるからだ。

時計も同じこと。フロントだけではなく、サイドやバックにこそ真の姿が浮かび上がる。言い換えれば、それが魅力的な時計こそカッコいいということだ。

日本のブティック限定で9月に先行発売となるロイヤル オーク オフショア・ダイバーは、そんな類いまれな全方位の美しさを映し出す。

FRONT
その顔はルールブレイカーの履歴書である



「ロイヤル オーク オフショア・ダイバー」ブティック限定。9月日本先行発売予定。K18PGケース、42mm幅、自動巻き。340万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)
1972年の誕生以来、オーデマ ピゲのロイヤル オークは常に革新を続けるルールブレイカーであり続ける。高級時計にSS素材やブレスレット、スポーティなデザインをいち早く取り入れ、ラグジュアリースポーツという新たなジャンルを創成。

さらに’93年には、ドレッシーな薄型という自らのスタイルを打ち破り、大径かつ厚いケースを持ったロイヤル オーク オフショアを生み出した。そしてルールブレイカーのさらなる本領発揮が、上のロイヤル オーク オフショア・ダイバーである。

回転ベゼルに黒文字盤という従来のダイバーズの定石を覆し、八角形ベゼルのアイコニックなデザインを崩すことなく、300m防水の本格機能を備えた。ゴールド×グレーというスタイリッシュな配色が目を引くこの時計のフェイスは、K18PG製のアプライドアワーマーカーとロイヤル オーク針にインナーリングを備え、メガタペストリー模様が力強さを演出する。まさに無双のダイバーズなのだ。

NEXT PAGE 2/4
SIDE
ふと覗かせる貫禄を帯びた横顔に
上質と艶が薫り立つ



独自のデザインをさらに際立たせるのが、細部にわたって丁寧に施された面処理である。角を落とすことで、表情豊かに上質さを醸し出す。

またK18PG製ケースとチタンのベゼルとリンクのコンビネーションは、ブランド初の仕様となる。チタンはSSに比べて傷つきにくく、ぶつけやすいベゼルの素材としても理想的で、軽量のため腕に載せたときのバランスにも優れる。

さらにグレーでラバーストラップも統一し、控えめな色合いのPGとのコントラストは実にシック。発色の良いビビッドカラーのダイバーズとは対極にある、エレガントなルックスは海でもひと際目を引く。威風堂々とした存在感。この横顔にこそ、非凡な存在感が宿っているのだ。

NEXT PAGE 3/4
BACK
真の実力と秘めたる自信は
背中にこそ表れる



ラグジュアリースポーツウォッチ本来の実力は、ケースバックにこそ秘められている。まるで鍛え上げられたシックスパックのように、8本の大型ビスが300m防水性能とスケルトンバックを両立し、堅牢な気密性を象徴するのだ。

こうして強固に守られているのが自社キャリバー3120。優れた精度で時を刻むメカニズムに加え、各パーツに入念に施された磨きは、ただ美しさだけを求めるのではなく、スムーズな動作とトラブルを未然に防ぐためだ。

しかも通常の2年保証に、オーデマ ピゲオーナーは簡単なウェブ登録により3年が追加され、5年保証になる。顧客に対する万全のアフターサービス。これもマニュファクチュールとしての自信の表れである。

NEXT PAGE 4/4
「ロイヤル オーク オフショア・ダイバー」が日本で先行販売される理由



「ロイヤル オーク オフショア・ダイバー」ブティック限定。9月日本先行発売予定。K18PGケース、42mm幅、自動巻き。340万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)、シャツ3万5000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、Tシャツは私物
最後に「ロイヤル オーク オフショア・ダイバー」にまつわる裏話を。

世界中にオーデマ ピゲのブティックがある中で、なぜ日本でのみ先行発売されることになったのか。実はこの最新作、オーデマ ピゲ ジャパンがスイス本社へ「こういうデザインにしてほしい!」と熱烈に希望を伝えて実現したという、まさにスペシャルなタイムピースなのである。

そしていざ完成してみると実に出来栄えが良く、当初は日本限定発売の予定だったが、急遽、世界展開することに方針を転換。「せめて日本ではいち早くお客様の元へお届けしよう」という本社の計らいで先行販売が決まったのだ。

ここ数年のオーデマ ピゲは、新作発売のたびに即完売が続いている、数少ない高級ウォッチブランドのひとつ。おそらく「ロイヤル オーク オフショア・ダイバー」も例外ではない。さぁ、迷う前にまずは店頭へ。実際に手に取り、日本提案の最新作をその目で確かめてほしい。


【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

コメント一覧

ラグジュアリー関連製品 URL 2021年08月31日(火)18時05分 編集・削除

(プラダ)は1913年にマリオ・プラダがイタリアのミラノに皮革製品店を開業したのが始まり。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー