記事一覧

ジャガー・ルクルトが「レベルソ・トリビュート・エナメル」 - 葛飾北斎『下野黒髪山きりふりの滝』を発表~東西の芸術的伝統を融合

ジャガー・ルクルトが「レベルソ・トリビュート・エナメル」 - 葛飾北斎『下野黒髪山きりふりの滝』を発表~東西の芸術的伝統を融合


およそ2000年に渡って、アジアとヨーロッパの双方向の文化交流は、視覚芸術から舞台芸術に至るまで、東洋と西洋のあらゆる芸術形態、および織物、ガラス、陶器の製造技術に深い影響を与えてきました。
これは、ジャガー・ルクルトがマニュファクチュールの歴史を通じて行ってきた交流でもあります。オメガ時計 メンズレベルソ誕生90周年に際し、ジャガー・ルクルトはこの長年続いてきた文化交流を精巧な新しい「レベルソ・トリビュート・エナメル」のタイムピースで祝福します。


下野黒髪山きりふりの滝
ヨーロッパのクラフツマンシップと日本の技が融合したケースの裏側は、葛飾北斎が1830年代初めに制作した『下野黒髪山きりふりの滝』の木版画を忠実に再現したエナメル細密画で東洋の芸術を称えています。『下野黒髪山きりふりの滝』は、1831~1833年にかけて日本の本州の各地を北斎が訪れて名瀑を描いた8枚揃いのシリーズ木版画『諸国瀧廻り』の中の1枚です。


ジャガー・ルクルトの創造性、およびその芸術と文化の世界に対するビジョンを体現したこの新しいタイムピースは、マニュファクチュール ジャガー・ルクルトのメティエ・ラール®(希少な職人技)の工房で働く職人たちの優れた才能と技を証明するものです。


すべてのエナメル加工と同様に焼成工程によって予期しない変色の可能性があるため、レベルソ・ トリビュート・エナメルのダイヤルの色を裏面の絵画と完全に一致させ、なおかつこの絵画を北斎のオリジナルのカラーで忠実に再現するためには、相当数の時間を要します。これらの時間に加えて、ほぼ5時間の作業時間をギョーシェ彫りのみに費やす必要があり、さらにその後、透明のグリーンのエナメル層を作るために8時間の作業時間が追加されます。つまり、ケースバックに細密画を描くだけで70時間以上の作業時間を要するのです。


【関連記事】:都市文芸気腕時計

コメント一覧

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月11日(木)14時43分 編集・削除

個人売買サイト新作が安値で出品されることや、100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー