記事一覧

オリンピックのバドミントン選手のコーチが好きな腕時計です。


長い歴史に裏打ちされた、復刻モデルにファンが多い『ロンジン』も腕時計好きなビジネスマンに響くブランドだ。こちらは1957年のアーカイブから復刻したあ、同時期の腕時計シーンを席巻していたエレガントな紳士用時計のお手本ともいうべき1本。視認性に優れるドーフィン針とバーインデックス、ベゼルから緩やかな膨らみを見せるボンダイヤルとクラシカルな意匠をこれでもかと詰め込んだデザインは、実に潔い。カルティエ 時計 オーバーホール 値段裏蓋には帆船を模したエンブレムを七宝にてオンするなど、ふとした時にクラス感を主張できる点は抜かりない。


「タンク ソロ」は、2004年に誕生した新しいコレクション。「タンク」のデザイン性がそのまま楽しめて、しかも比較的リーズナブルなのが特徴です。一見「タンク ルイ カルティエ」とそっくりですが、よりフラットなケースフォルムを採用することでモダンな印象になりました。「タンク ルイ カルティエ」がケースに貴金属を使用し、リューズにサファイアカボションやダイヤモンドを用いているところ、こちらの「タンク ソロ」はケースにステンレススチール(ゴールドもあり)、リューズに人工スピネル カボションを採用するなど、コストダウンが図られています。しかし、その佇まいは往年の「タンク」そのもの。特にクォーツ式は定価で30万円前半から手に入れることができ、非常にお買い得です。機械式特有のメンテナンスが面倒な人には、むしろこちらがおすすめ


3針のデイト表示モデルでは、より「スピリット オブ リバティ」の端整な顔立ちを堪能できます。ブランド時計 コピーシャープなリーフ針に、くさび形インデックス、紋章をかたどったロゴと、懐古的な空気感を残しつつも時代を問わず腕に巻けるデザインに仕上がっており、高級感は随一。加えてムーブメントは最新のH-10を搭載しており、パワーリザーブも約80時間を備えています。